オーガニック化粧品

オーガニック化粧品

濃縮オーガニックローズを用いたオーガニック化粧品の情報です。

海外旅行 > オーガニック化粧品

オーガニック化粧品 シミ

オーガニックな化粧品が人気です。でも、ふだん使っている化粧品と具体的にどう違うか考えたことがありますか?

たとえば、日焼け対策。「美白」という言葉が生まれてから「白いほうが美しい」と誰しも考えるようになり、日焼止めはなくてはならないお化粧品になりました。たしかに、オゾン層が破壊されている今、紫外線は皮膚には有害ですし、日焼けは避けたいですね。強い刺激を受けた肌はメラニンが過剰につくられ、シミやそばかすのもとにもなってしまいます。

では、シミやそばかすの発生を防ぐために、どんな日焼け止めを使っていますか? 本当にたくさんのUV化粧品が売られていますが、化学化粧品や無添加化粧品にはお肌によくない成分が配合されているのをご存知ですか? 安易にそうした化粧品をお肌に塗るのはじつは危険です。オーガニック化粧品でもシミはとれるんですよ。

 

オーガニック化粧品 ファンデーション

このごろは、UVケアのファンデーションも多くなりました。でも、市販されている日焼け止め(またはファンデーション)のほとんどに、皮膚がんを起こす可能性のある成分が含まれています。 危険な日焼け止めは大きく分けて、2種類あります。

紫外線吸収剤 - 紫外線を吸収して熱エネルギーに変えて放出し、紫外線が肌へ届かないようにする。透明タイプが多く、日焼け止め効果が高いのが特徴。主成分であるオキシベンゾンはアレルギー反応やホルモン異常を起こす可能性あり。また、パラアミノ安息香酸やプソラレンは皮膚がんを引き起こす可能性も。

紫外線散乱剤 - 酸化チタンを主成分として、紫外線を散乱させて肌への侵入を防ぐ。酸化チタンは子どもの脳や精巣に粒子が入り込み、細胞死や生殖機能低下を引き起こすことが証明され、世界保健機関(WHO)が「発がんの可能性がある」と指摘。酸化亜鉛もよく使用され、こちらも発がん性あり。

どちらのタイプも超微粒子で、肌の奥深くまで浸透しやすくなっています。白くなりたいがために、お化粧品を間違うと大変なことになりますよ!

「無添加」でも発がん性物質が含まれている製品は数多くあります。化粧品で皮膚がんになるなんて、恐くないですか? 植物の力でお肌を蘇らせるオーガニック化粧品がどれほど大切か分かるでしょう。

オーガニック化粧品 国産

でも、オーガニックはいいけど、効果ないんじゃないの?

オーガニック化粧品と聞いて、そんな疑問がわいてくるかもしれませんね。でも、オーガニック化粧品だからこそ、身体のサイクルを利用して出来ることがあるんです。それはお肌再生の黄金の時間、深夜の睡眠時間です。この時間にお肌を休ませることでターンオーバーが機能します。それを促すのが濃縮されたオーガニックローズ液。クレオパトラの昔から女性の美の秘密とされて来たこのローズ精油が、夜のお肌に働きかけます。

100%天然のローズエキスからできた国産のオーガニックな化粧品が、こうして素肌を生まれ変わらせてくれます。お肌トラブルを化学化合物で対症的に解決するのではなく、オーガニックの力でお肌を根本的に再生させる。そんなスキンケア、始めてみませんか? インターネット限定で、オーガニック化粧品の7日間のトライアルセットが48%オフで販売中!

気になる方はこちらから! ⇒ HANAオーガニック7日間トライアルセット

オーガニック化粧品 トップへ戻る